禁断の恋愛

投稿日 2024.05.13 更新日 2024.05.14
Pixabay

皆さんの初恋の相手は誰ですか?多くはクラスメイトになると思います。やはり、思春期において一番身近にいる異性ですから⋯きっと、意識していたことでしょう。しかし、もっと身近に気になる異性がおります。兄弟姉妹です。私にも歳の近い妹が一人います。いやいや、兄弟姉妹に恋愛感情は抱かんだろう、それって近親相姦だろ気持ち悪い、妹萌えはアニメの世界だけの話⋯多くの人はそう思われることでしょう。でも、現実でも兄弟姉妹同士のカップルは少なからず存在しております。書く言う私と妹がそうです。妹とは子供の頃から仲が良く、甘えん坊で愛くるしい存在でした。思春期、第二次性徴期へ突入すると、私と妹の間で性愛感情が芽生え始め、互いを兄と妹ではなく⋯男と女として認識、恋人同士のような関係へなし崩し的に発展して行きました。

◇ ◇ ◇

休日ともなれば二人で手を繋いで、繁華街へ遊びや買い物に行ったりもしていました。親が見ていないところでのハグやキスは当たり前。妹からキャンディーキスをされた時は気を失いそうになった⋯よって、自分にはまともな初恋の経験がない。気づいたら妹とそう言う関係になっていたので、他の異性に関心を持つことはまったくなかった。自宅では勉強する時以外、常に二人でべったりと過ごしていた。そして、とうとう⋯自分が高二の時、妹と一線を越えそうになる。高校の同級生の中にも、すでに何人か童貞を捨てていた。俺もいよいよ⋯自分の亀頭を妹の膣口に少しだけ食い込ませ、挿入しようとした瞬間⋯急に怖くなってやめた。相手は実の妹だ。普通の女の子ではない。きちんと避妊していれば良いと言う話でもない気がした(いや、生でやろうとした訳だが⋯)。

◇ ◇ ◇

不発に終わった禁断の初体験は⋯裸で抱き合っただけに留まった。数日後、親が買い物へ出かけたのを見計らい、妹と再びやってみようと言う話になる。しかし、結果は同じだった。どういう訳か⋯挿入できない。ある日、友達からゴムを一つ譲り受けるも⋯避妊した状態でも挿入するのが恐ろしかった。しばらくの間、妹と試行錯誤を続ける。それを何回か繰り返して行くうちに、最初は抱き合うだけだったが⋯徐々に体を複雑に絡み合わせるようになり、素股で十分に満足してしまう関係になる。そんな感じで妹との性生活が続いた。しかし、自分は大学へ進み、妹も進学の準備に追われ始めた頃あたりから、すれ違いのようなものが生まれ始めた。妹と話し合い、自分たちの現実的な将来のためや両親のことを思い、すべてなかった事にしよう、普通の兄妹に戻ろうと決めました。

◇ ◇ ◇

結局、自分の本当の初体験は19歳の夏となった。大学で知り合った他校の子と結ばれた。妹も妹で進学すると同じ学校の先輩と結ばれたようだ。互いに何食わぬ顔をして双方の恋愛を報告し合う。妹には感謝し切れない。女性の体を隅々まで学ばせてくれたのだから⋯お陰で初体験はカッコよく決めることができた。冷静に考えたら⋯兄弟姉妹で恋愛、セックスするのは異常だ。はっきりとした原因は未だに不明であるが、妹とセックスしようとした際、挿入を強く躊躇ったのは⋯本能的な何かがそうさせたものと結論づけた。実際、初体験の相手には何の躊躇いもなく挿入できた。まぁ、これはこの時だけの話。十数年後⋯封印したはずの妹との過去の禁断の関係が、まさか再燃することになろうとは思いもよらなかったのである。人生は本当に長いわ。何が起こるかわからない。

◇ ◇ ◇

その十数年経過した今現在、妹と夫婦同然の同棲生活をしております。私は幾人かの女性と恋愛を重ねるも、いずれも結婚に至らず結局独身のまま⋯妹も何人かの男性と恋愛するもすべて破局に終わり、最後は大失恋となり泣きながら私の元に帰って来た。自殺まで吐露し精神は完全にズタボロの状態だった。俺がお前を一生守るからもう泣くな⋯思わずそう言ってしまい、妹との過去の禁断の関係を成り行きで再燃させてしまったのだ。まさに、妹を妻に娶った瞬間である。妹も昔からオカルトに目がなく二人でムーを回し読みをしていた。自分の部屋でよく一人こっくりさんをやって遊んでいた。最後に犬の鳴き真似をして儀式を終了させていたので、妹の部屋からワンワンと聞こえた来たら⋯ああ、またやってるな⋯そう笑っていました。将来は妹と二人三脚で占いできればいいかな。