禁断の性生活

投稿日 2024.05.16 更新日 2024.05.16
Pixabay

兄妹、姉弟同士のカップルは⋯意外といる気がする。自分の人生の中でも、それらしきカップルと何組か遭遇している。本来他人であるはずの夫婦なのに、やけに顔立ちや体格が似ている。まるで兄弟のように⋯お子さんは?と尋ねてみると、子供はうるさいし汚いから嫌いだとか、育児が面倒だから作らないとかなんだとか⋯でも、猫は3匹も4匹も飼っていたりする。世にはディンクスもいるが意外と少ない。不妊症に悩む夫婦には恐縮な一文となるが⋯やはり、愛し合う二人が同じ屋根の下で暮らし続ければ、できるものもできるはずだ。普通は⋯しかし、兄妹、姉弟同士のカップルの場合、子供は絶対に作ってはいけない。私の場合、妹との性的行為は素股と呼ばれる疑似セックスとオーラルセックスに限定している。膣への挿入は絶対にしない。

◇ ◇ ◇

コンドームを装着していても⋯原因はいろいろあるが、妊娠してしまうケースが意外と多いからだ。相手が妹でなく一般の女性であり、それで妊娠に至っても一つの運命として割り切れる。しかし、妹の場合はそうはいかない。中絶なんて辛い思いは絶対にさせたくない。100%確実な避妊法は⋯やはり、膣へ挿入しないことだ。コンドーム以外にも様々な避妊法があるが⋯どれも100%確実に保証されたものではない。妊娠の確立を下げるだけのものに過ぎない。ピルやミレーナのように、妊娠の確立が限りなくゼロに近くなるものもあるが⋯副作用の心配もある。正直、大切な妹にそんなものを飲ませたり、そんなものを体の中に装着させたくない。私が臆病なだけに過ぎないのかもしれない。そんな訳で妹とは素股と言う疑似セックスとオーラルセックスに励んでいる。

◇ ◇ ◇

疑似セックスは⋯手で互いの性器を擦り合ったり、女性の股間に男性器を挟み込むようにくっ付けて抱き合うものだ。ぶっちゃけ、普通のセックスとあまり変わりない。すごく気持ちいい。ただ、通常のセックスは⋯射精は女性の体内で行うが、素股はそうはいかない。毎回、妹のお腹の上に出すので後処理が大変だ。このため、最近はオーラルセックスもするようになった。先にフェラチオをしてもらい、次に素股を楽しむ流れに変わって来ている。思春期の頃は⋯親にバレないよう、汚れと匂いの対策にはかなり注意していた。まず、トイレで妹に手コキをしてもらい、次に部屋のベットの上で疑似セックスを楽しむ流れだった(ファブリーズ大量消費を不審がられたのには焦った)。フェラチオは一体どこで覚えたのか⋯まぁ、野暮だから聞かないことにしている。

◇ ◇ ◇

ある日、妹が小さなクッションをワンピースの中に入れて、妊婦の真似事をして遊んでいた時があった。自分はソファの上に座っていたのだが⋯その状態で自分の横にちょこんと座り、頭を自分の肩に乗せて来て、お腹の中の赤子でもナデナデするような仕草をされた時は⋯泣きそうなった。最近は本物のセックスがしたいとせがまれ始め、一線を超えるのは時間の問題になりそうだ。ただ、一回でもそれを許せば⋯なし崩し的な勢いで行くところまで行ってしまいそうで正直怖い。まぁ、考え過ぎかもしれない。妹と禁断の関係を再燃させる前までは、幾人かの女性と関係を持っており、避妊法はコンドームのみで不用意に妊娠させたことは一度もない。高級でしっかりしたものを使えば問題ないかと⋯自分でも心が揺らぎ始めている。そりゃ、自分も今の妹と本物のセックスがしたい。

◇ ◇ ◇

世間一般的に気持ちの悪い話になるかもしれない。とりあえず、妹と二人で自分たちのセックスについて悩みながらも、毎日を幸せに生きている。あと、妹と禁断の関係を再燃させる前から、自分には付き合っていた女性が一人いた⋯昔の馴染みある女性で恋愛感情はない。いわゆるセフレと言うものだ。父方の遠縁の女性で、普段は東北某県で暮らしており、何かの都合で上京して来るたび二人で飲みに行き、その後、ラブホと言うパターンであったが⋯最近、事情を説明して関係を終了させた。妹との禁断の関係は、突然の出来事と自分の不注意から成り行きで再燃させてしまったため、こうした二股的な状況がしばらく続いていた。これには妹はものすごく喜んでくれた。ただ、これがきっかけとなり⋯妹が自分とのセックスについて前向きなり始めたので少し微妙な心境だ。