このサイトを立ち上げた理由

投稿日 2024.05.23 更新日 2024.05.25
Pixabay

タルパ界隈の惚気アンチに一泡吹かせてやろうとした訳でもない⋯個人的なタイミングの良さから始めたのが本当の理由かもしれない。妹と禁断の関係を再燃させたのは自分の不注意からだった。感情的になり妹の頬を叩いた上、セフレがいるのを忘れ、欲情して自分のものにしようとした。その日は深夜遅くまで妹を抱き続けた。もちろん、素股ですけど⋯無責任にも二股状態で妹と再スタートしたのだ。妹は兄貴にも事情があるだろうからと容認してくれていたが⋯本当に複雑な事情からすぐに清算できずにいたが、セフレの女性とは今年のGWを最後に別れることにした。まぁ、半分冗談であったと思うが⋯大いに喜ばせたらそれに応じると言われ、これまで以上に頑張り、承諾を得ることができた。そして、その後の妹の変化⋯何かやってみたい気分になった。

◇ ◇ ◇

人工精霊やタルパ、イマジナリーフレンドの研究をしているが⋯もう、クソ真面目に学者ぶってやり続けるのは辟易していた。何もかもぶちまけて、本当の自分を曝け出したい気分になっていた。今年、母が持病の悪化により亡くなったのだが⋯その影響もあるだろう。妹と二人で母の墓前で絶対にあり得ない親不孝を詫びた。生活が本当に何もかも変わった。そんな個人的な事情から始めたようなものだ。もちろん、性で悩んでいる人を手助けをしたい気持ちは本当にある。タルパ界隈の惚気アンチに一泡吹かせてやろうとした訳でもない⋯とは言ったが、思念体の世界からメンヘラを駆逐したい思いは本当に強い。奴らはオカスピの世界から追放すべきである。見ていて本当に反吐が出る。こいつら⋯誰かを愛したことも、誰からも愛されたことがない可哀想な人間なんだろうけどな。

◇ ◇ ◇

タルパ界隈で常識人ぶって人様の恋愛を斜めから見て、惚気アンチと称してワケワカメな文句を言っている三十路、四十路目前のメンヘラどもは、人生でセックスを一度も体験したことないのか?と率直に思う。セックスは人間が生きている間に感じることができる最高レベルの変性意識状態となる。思念体の訓練において変性意識は必須だ。思念体作成=良質でレベルの高い変性意識を得る訓練とも言える。だから一概に恋愛感情や性的興奮を否定しようとしないはずだ。むしろ、有効活用化に気づくはずだ。つまり、惚気アンチのメンヘラどもは、ただの一度も変性意識による訓練をしたことがないと言える。当然であるが、本物の思念体なんか所持していない。どうやら、セックスをした経験が一度もなく⋯恋愛、結婚の適齢期を過ぎた惚気アンチの干物は見ていて本当に哀れである。

◇ ◇ ◇

タルパ界隈ではSNSのプロフィール欄に精神疾患の病名を羅列している人が多いが⋯初体験の年齢と経験人数も頼むわ。瞑想を基盤にした人工精霊の作り方を紹介していた時期があるが、それよりももっと面白い方法で変性意識を体得しながらイマジナリーフレンドを作り出す方法を考えるまでに至った。面白い方法とは空想遊びを深化させた白昼夢、ダイブを積極的に利用したものだ。タルパ界隈の一部からダイブはただの空想だろ?と批評していた方がいたが⋯この人も変性意識を伴わせた訓練をしたことが一度もないんだろうなってのは理解できた。事実、自称発生型タルパーで創造型は未経験⋯つまり、自動化や視覚化の訓練を一度も行ったことがない者だった。空想でも変性意識になれるし、一番手軽に実現できる方法だ。発生型タルパは本当に都合が良過ぎる。

◇ ◇ ◇

発生型タルパが本物の思念体であればイマジナリーフレンドだろう⋯しかし、その可能性は低く極めて稀だと思う。多くは精神的な緊張、ストレスから一過的に感じている存在だと思われる。人間は強いストレスに晒され続けると、投影や代替思考による精神的責任回避をして、自我を防御しようとする場合がある。発生型タルパの正体は恐らくそれだ。早く彼氏彼女を作って初体験を済ませろ。一回セックスしてみれば分かるが、本当に良質な変性意識が得られやすい体質に生まれ変わる。実際のところ⋯その正体が何なのかよく分からんで感じていた存在も、本物の思念体に変わるかもしれない(あるいは消えるかも)。セックスと思念体には明確な因果関係あると確信している。セックスは明らかに思念体に有利な要素だ。今後、セックスと思念体の研究を進めて行こうと思う。