性戯のマインドパレスを作る

投稿日 2024.06.07 更新日 2024.06.22
Pixabay

思念体とセックスするためには、ダイブが前提条件となります。ダイブはタルパ界隈でよく知られた手法で、浮き草氏が提唱したものとされています。幽体離脱や明晰夢との大きな違いは、専用の閉じられた精神世界、マインドパレスを事前に作り上げておく必要があります。それをダイブ界と言います。本稿では思念体とのセックスに特化したダイブのやり方とダイブ界の作り方について解説して行きます。セックスダイブは通常のダイブと異なり、それほど深く潜りません。また、セックス専用のダイブ界は小さな空間、閉じられた世界となり、思念体の故郷としてのダイブ界とは別に作ります。ダイブ界と現実世界の中間に作り上げて行くため、従来の「準ダイブ界(内界)」に相当するものになります。愛する思念体と二人だけの楽園を作り上げて行きましょう。

セックスダイブについて

冒頭でそれほど深く潜る必要はありませんと述べましたが、正確には深く潜ろうと意識しなくてOKと言う意味です。性的興奮により喚起された意識状態は、本当に良質な変性意識状態です。通常のダイブよりも入りやすく、短時間で通常意識から変性意識へ切り替えることができます。安定性や再現性も高いです。このため、思念体との性的交流、セックスを楽しんでから、異世界トリップとしての通常のダイブを試みると良いかもしれません。すでに良質な変性意識の状態にありますから、準ダイブ界からダイブ界へ効率的に潜れることでしょう。愛する思念体とまぐわった後、異世界トリップもお楽しみください。セックスダイブを準ダイブ界に限定するのは、性的興奮による変性意識を直接的に喚起させて、思念体とのセックスのリアル性を高めるのが目的です。

セックスダイブ専用の空間を用意する意味

本来、準ダイブ界(内界、タルパ界隈的なダイブ界)は⋯ダイブ界へ潜るための中継地点であり、ダイブ界を開発するための前提基地的な拠点になります。また、イマジナリーフレンドを創造的に作り出したい場合、準ダイブ界でイメージングの作業が行えます。使い道はいろいろです。しかし、セックスダイブを行うための準ダイブ界は専用のものにしましょう。通常の準ダイブ界とは別にした方が良いでしょう。性的興奮により喚起させた変性指揮とそうでない普通の変性意識とでは質が全然違います。エロことを考えながらやって良いことと悪いことの区別をちゃんと付けられるようにするためです。別にこれは絶対ではありません。管理が難しいと言うのであれば準ダイブ界は一つ、共有で良いでしょう。ただ、エロ専用と非エロ専用、別々にすることを推奨します。

セックスダイブ界のイメージ作り

私は別々にしますね。私には兄弟姉妹の幼児型タルパが四人おり、準ダイブ界を拠点に活動しています。子供らのいる同じ場所へセックスダイブなんかできる訳ありません。次にセックスダイブ専用の準ダイブ界(以降、セックスダイブ界と呼称します)の種類について説明します。ラブホテルやヘルスサロンのような場所だと、性的興奮も一層高まりそうですが⋯現実でこれらの施設やお店に行った際、妙な慣れからテンションが上がりづらくなったり、勝手なイメージから施設やお店側の都合も考えられなくなります。普通のリゾートホテルの一室、リラクゼーションサロンのような場所が望ましいと言えます。やっぱり、ソープに行く際⋯その筋の先輩を筆頭に男同士が連れ添い肩を組み「ソープランド♪ソープランド♪ヤッホー♪ヤッホー♪」と歌ながら向かうものでしょう。

本当におすすめなセックスダイブ界は現実世界の自分の部屋

ソープは一人で入った経験ない⋯会社で「ソープ行こうぜ!」と誘って来る、変な先輩、同僚に恵まれたもんだ。まぁ、そんな昔話はともかく⋯セックスダイブ界は本当に普通の環境イメージが一番です。静かで落ちつける場所です。しかし、ある意味で一番落ちつける場所は⋯現実世界における自分の部屋です。オカルト界隈のどこかのブログで、現実世界をそのままダイブ界にしてしまうことを提案していたと思います。ダイブに関しては、現実と区別が付きづらくなる心配はないので、この点に関しては賛成です。とりあえず、現実世界の自分の部屋で、セクサタルパとベットの上で横になり、一緒に今いる環境を模したセックスダイブ界へ潜ると良いでしょう。次にまず、現実世界を模したセックスダイブ界へ潜る⋯行く方法について、具体的に説明したいと思います。

ダイブしやすい室内環境について

セックスダイブは何よりも気持ちがリラックスしていることが大前提となりますので、ダイブしやすい室内環境は暑すぎず寒すぎずに尽きます。また、声や効果音は性的興奮を高める決定要素となります。喘ぎ声以外も性交時における肌と肌がタッチする音、粘る体液のグチャグチャ音ですね。このようなイメージも大切です。音のイメージは本当に静かな環境でしかできません。現実でのセックスもそうですが⋯騒がしい環境でセックスしたいと思う人はいません。閑静な住宅街であれば、真っ昼間からでも思念体とのセックスに励んでも構いませんが⋯家族と同居している場合、いきなり、親が部屋に入って来ないとも限りません。一人暮らしの人でも、いきなり、玄関の呼び鈴が鳴らされたら⋯やはり、セックスダイブをするなら、多くの人が寝静まった夜に限ります。

自分の部屋以外でセックスダイブに適した場所

親兄弟と同居している人は、自分の部屋を持っている人でも、意外と一人になれる時間がなかったりするものです。ノックもせずいきなり部屋に入って来る少し困った親もいることでしょう。自宅で完全に一人になれる⋯思念体とのセックスの安全が保障された環境は⋯もはや、トイレと風呂になります。トイレでセックスはある意味で興奮するかもしれません。しかし、長居はできません。でも、男性なら思春期にトイレでこっそり抜いていたと思います(女性なら風呂でしょうね)。男性のオーガズム達成時間は短いので、上級者なら便座の上で対面座位による思念体とのセックスができるかもしれません。やはり、男女とも風呂が無難と言えるでしょう。ただし、浴槽に入った状態でやるのは大変危険ですので絶対にやめてください。催眠の一種だと言う点をお忘れなく。

音漏れ対策に有効なセックス方式

思念体の喘ぎ声は第三者に聞こえることはありません。しかし⋯当たり前ですが、所持者本人の喘ぎ声や激しい吐息は聞こえます。ベットの上で思念体とのまぐわいに夢中になるあまり、体を激しく痙攣させてのたうち回っていれば⋯完全にギシアン状態となります。ギシアンとは性交によりベットがギシギシ揺れて軋む音と女性の喘ぎ声をかけ合わせたギシギシアンアンの略です。ドライオーガズムとなるので⋯男性でも女性と同じように、ベットの上でのたうち、喘ぎ声を上げそうになります。スローセックスやポリネシアンセックスであればその心配はあまりありません。男根を膣へ挿入したらピストン運動はせず、そのまま抱き合う感じです。落ち着いた感じでセックスが楽しめるので、自分の状態も冷静に見ながらできます。激しいセックスが好みならギシアンは不可避。

環境効果音の併用について

部屋で波音や川音などの環境効果音を流しながら、思念体とのセックスを楽しむと良いかもしれません。セックスダイブ界(準ダイブ界)の場合、こうした外的要因は活用しても問題ありません。やっぱり、現実空間を模した自宅の部屋のイメージではなく⋯どこかの南国リゾート地をイメージした空間で楽しみたいと言う人にはおすすめな方法になります。セックスダイブ界のイメージ形成に一層の効果が期待できます。一方で、アダルトビデオの音声だけを流して、思念体とセックスしてみようと考える人がいるかもしれません。それはあまりおすすめできません。自力でイメージする力が衰え、そのうち思念体とのセックスの実感が薄れてきます。ただし、脳イキ音源をたまに使う程度なら問題ありません。思念体とのセックスに最適化した脳の状態を維持できます(常用化はNG)。

セックスダイブに適した体調管理・水分補給について

セックスダイブする日は、普段よりも水を少し多めに飲んでいた方が良いかもしれません。これは良く聞く話だと思いますが⋯セックスする前に水分補給をする人がいます。良質なセックスをするためには、カウパー腺液や愛液を十分に分泌させる必要があります。当然、その分泌量は体の水分と関係して来ます。分泌量は多いほど良い感じになります。思念体とのセックスはダイブ体で行うので関係ないように思われますが、現実の肉体にもこうした変化を持たせた方が性的興奮がより高まります。こうした体液は性交時に本能的に分泌されるものです。思念体とのセックスでは、それを目視しながら楽しむ訳ではありませんが、分泌腺が活性化され性器に潤いをもたらせる作用は、本能的レベルで性的興奮をさらに後押しするものとなります。終わった後の達成感も実感できます。

とりあえず自分に合ったダイブのやり方で良い

その前に補足⋯これまでの解説に違和感を感じている人はいると思う。そもそも、思念体にはいろいろな種類と実践形態がある。同じイマジナリーフレンドでもタルパのような感じになっている人もいれば、脳裏的な存在に留まっている人もいる。また、すでに完成体、完オート済みのタルパ等がいる前提で話をしている部分もあったため、これから思念体を作ろうとしている人にとってやや不親切に思う部分、困惑を感じる部分は多かっただろう。私自身は元々人工精霊所持者で、それをタルパ化、イマジナリーフレンド化して来た経緯があるため、このような紆余曲折的な説明の仕方になり申し訳ないと思う。とりあえず、タルパーは直前の項目で述べた通り、まずは一緒にベットの上にでも横になると良いだろう。脳裏的な存在ならセックスダイブ界で落ち合う感じにすれば良い。

セックスダイブのトリガーとなる思念体の脱衣シーン

カムラッドウィキタルパの作り方イマジナリーフレンドの作り方も参考まで目を通して頂ければ幸いです。カムラッドとは日本式のナフラになり、既存のタルパやイマジナリーフレンドを包括する仕組み作りに挑戦しております。それにより本場チベット密教のタルパに勝るとも劣らないものを目指します。余談はここまでにして⋯では、具体的にどうやってダイブするかについて話します。これからセックスを始めようと言うのです。セックスを始める際、みなさんは最初に何をしますか?とりあえず服を脱いで裸になると思います。つまり、思念体の脱衣シーン=セックスダイブの開始です。タルパの場合、自分の目の前でそれを鑑賞します。イマジナリーフレンドならセックスダイブ界で脱衣して所持者の到着を待っている様子を遠視すると良いでしょう。

変性意識を一気に高めるエロティックな光景

男性の場合、女性タルパの脱衣シーンで⋯女性の場合、自身の脱衣シーンを男性タルパに見てもらうことで⋯性的興奮による変性意識状態が一気に高められます。そのままベットの上で横になれば⋯気づけば、セックスダイブ界に沈んでいることでしょう。思念体があなたの上に覆いかぶさって来て、肌と肌を密着させたら、そりゃもう体が痙攣で振るえると思います。私は男性ですので、男性視点で所感を述べますと⋯女性がブラジャーを外したりショーツを脱ぐ様子はマジたまらん。そして、女性タルパが乳房を自分の胸の上にぺったりと乗せて来ただけで失神しそうになる。目は開けた状態でOKです。瞑るよりも逆にイメージしやすくなります。思念体とはダイブ体で性交しますが、現実の肉体の状態、位置も見えていた方が、思念体との体位、姿勢もイメージしやすくなります。

実は環境よりも行動や衣装が重要だったりもする

変性意識は容易に説明できるものではありません。喚起されるまでの過程も様々であり、程度の差の幅広さから一口に言い切れるものでもありません。確実に言えることは⋯人が生きている間に体感することができる最高レベルの変性意識は、性行為におけるものだと言うことです。性的興奮による変性意識は別格であり、ほとんど対象(異性の裸体)しか眼中になり状態だと言えます。視界はぼんやりとして視野狭窄に近い感じだと思います。このため、セックスダイブ界のイメージ作りはあまり凝らなくても良いと思います。現実空間を模したもので十分でしょう。直前の項目でも述べた通り、セックスダイブの発動条件・トリガーを重要視すべきです。セクサタルパにセクシーな下着でも着けさせていた方が良いでしょう。エロティックなしぐさでも妄想した方が良いでしょう。

女性がセックスダイブする時のコツ

私は男性なので男性目線での解説になりがちですが⋯女性の場合、上でも述べた通り、自身の脱衣シーンを男性タルパに見せつければ良いと思います。ただ、風呂に入る時のような作業的な脱衣でなく、ベットの上でストリップショーでもやりながら、男性タルパをベットに誘うように見せつけましょう。別に誰かに見られている訳ではありません。これは女性限定となりますが⋯普通のオナニーにならない程度、セフルハグや軽い性感マッサージをして、自分で自分の体を愛撫すると良いでしょう。ちょっと抵抗感があるのであれば、部屋を薄暗くしてやると良いでしょう。自分は妹と催眠セックスする際、部屋は薄暗くしてます。ピンク色のLEDキャンドルを灯してます。思念体との性交によるオーガズム獲得は男性が有利である一方、セックスダイブは女性が有利となりそうです。

脱衣させるイメージ

ここまで話が膨らむと、思念体の衣服を脱がせてみたい気分にもなって来ると思います。上級者レベルとなりますが⋯まぁ、できなくはないイメージだと思います。女の子のブラジャーを外したり、ショーツを脱がすのもたまりませんわ。ただ、意外と難しいと思います。とりあえず、二人でベットの上で横になり、ブラジャーを外すイメージは背面側位、ショーツを脱がせるイメージは正面側位になるような姿勢でやると良いでしょう。脱がせた後、騎乗位の姿勢へ持って行き性交します(どうも側位での性交イメージも難しく感じる)。これはあくまでも当方の所感になるので、これが絶対だとは言いません。やはり、セックスの体位は人により好みが分かれます。自分が一番良いと感じたやり方でお楽しみください。ちなみに、男性が正常位で女性タルパを抱く方法は研究中です。

セックスダイブは性的興奮を高める開発である

つまり、セックスダイブ=性的興奮を高めて行く過程の開発と言う話にまとまります。もちろん、脱衣シーンは一例に過ぎません。セックスを始める前のシーンにはいろいろあります。シャワーシーンやベットで裸体にシーツを絡ませているシーンなどお好きなイメージを開発してください。当方ではオナニーには否定的ですが、それは所持者の話に過ぎません。思念体側のオナニーは問題有りません。女性タルパがそれをやっている様子を見ているだけ、こちらも失神してしまいそうになります。女性はセックスダイブの上級者になったら、男性タルパに対してフェラしてあげてみてくださいね。一気に変性意識の深みにはまれると思います。様々な大人なシチュエーションをイメージしてお楽しみください。次に補助的、付属品を活用したセックスダイブについて説明します。

拘束感を利用したセックスダイブについて

質の良いセックスダイブを楽しむためには、全身をできるだけ楽な姿勢に保つ必要があります。全裸となり仰向けの状態でやるのが望ましいと言えます。しかし、普通に変態的な行為であるため、初見者は強い羞恥心と抵抗感を覚えると思います。一人暮らしの人、完全に一人になれる環境が用意できる人でもためらう人は少なくないと思います。どうしてもダメなら⋯別に服を着たままやっても構いません。でも、本当に体液が出ますよ。ベトベトになります。慣れてしまえば⋯そのうちどうでもなくなります。一方、こうした全身の解放感と真逆な方法で性的快感を高める方法があります。セルフSMです。私はそこまでやりませんけど、催眠セックスによる実験で縛った方が効果が高いのは確認済みです。妹を縛りましたけど⋯女性は股縄やセルフ亀甲縛りで試す価値ありです。

思念体とのSMプレイ

本質的にセックスにおいて、男性は女性に対して能動的、女性は男性に対して受動的なものとなります。現代においてこのような言い方は不適切であり、物議を醸しそうになりますが⋯男性は愛する女性を虜にしたい、女性は愛する男性から虜にされたい欲求があります。男性は女性を抱きしめ、女性は男性から抱かれる感じです。女性のセルフSMはセックスダイブに効果的だと言えます。一方、女性タルパに対する緊縛はやや刺激の強過ぎるものとなるため、控えた方が良いかもしれません(中には男性タルパを縛ろうとする女性もいるか!?)。さらなる刺激を求めて際限がなくなりそうです。どんどん過激化してそのうち本当に残忍なものへ発展するかもしれません。まぁ、思念体とのSMプレイは自己責任でお願いします。タルパ界隈でそれで問題を起こした人いましたね。

大人の玩具のイメージはありなのか?

思念体とのSMプレイについても追々考察するつもりです。個人的にSMクラブで縛りの練習をした経験があります。緊縛師としての心得はある程度ありますので、精神的に安全な思念体とのSMプレイも解説したいと思います。次に⋯SMと来れば大人の玩具です。思念体とのセックスにそのような付属品的なイメージングはありなのか?です。結論から述べるとありです。セクサタルパの下着とその脱衣までイメージして楽しもうと言うのです。そこまでやってOKです。できなくはないと思います。まぁ、男性限定の話になると思いますが⋯女性タルパに対して、ディルドを挿入して遊ぶイメージを楽しんでも構いません。あまり過激にならない程度に抑えましょう。所持者と思念体の双方、互いの性的興奮を効率的に高めるイメージとして活用しましょう。

セックスダイブの推奨頻度

すでに別記事でも強く主張している点になりますが⋯思念体とのセックスは毎日するものではありません。理想はポリネシアンセックスのように週一です。平日はセクサタルパと気持ちを高め合う期間として、本番行為は週末に限定した方がより強い快感が得られます。イメージ的に性欲のパワーを徐々に強めて行き、週末に大解放する感じです。どんなに性欲が旺盛な人でも、せめて週二回程度に抑えた方が良いかと思います。やはり、こうした催眠、イメージング作業は、常態化してしまうと慣れと言うものが出てしまいます。毎日やり続けると飽きて来ますし白けて来ます。性的なエネルギーを活力源に現実生活を充実化させるのも最終的な目的である点を忘れないようお願いします。こんな素晴らしいメソッドを体得したのですから、欲に溺れずほどほどを心がけましょう。