タルパ界隈の惚気アンチ問題について

投稿日 2024.05.17 更新日 2024.05.18
Pixabay

最近はだいぶ落ち着いてきましたが⋯タルパ界隈は年がら年中、炎上騒ぎの絶えない危険な場所でした。関連する掲示板では誹謗中傷や罵詈雑言が絶えず、自作自演やなりすましも深刻な問題と化しておりました。これらの諸問題を分析、プロファイルして行くと、ある共通点が見えて来るようになりました。加害者側の背景、動機のようなものとして、すべて「性」に関連している点です。そして、もう埒が明かないので⋯やり方は強引で多くの方に迷惑をかけましたが、IPアドレスを片っ端から抜き取り、誹謗中傷犯の特定を行いました。結果⋯もれなく全員、貧相な容姿をした恋愛弱者でした。SNSにアップされた写真を見れば一目瞭然⋯大草原不可避。加えて、無職に精神疾患です。職にある者も底辺職。本当にどうしようもない連中ばかりでした。

◇ ◇ ◇

実際、タルパ界隈では⋯タルパとの恋愛や結婚、セックスに異を唱える「惚気アンチ」と称した連中が幅を利かせ目立っておりました。タルパと惚気ようものなら、速攻で誹謗中傷、罵詈雑言の対象になりました。タルパ界隈が荒れに荒れた原因、掲示板における誹謗中傷や罵詈雑言は、惚気アンチと称した⋯頭のおかしなメンヘラ女性とそれに操られた弱者男性によるものです。誰と誰とは名指ししませんが、知っている人は知っているはずです。また、神様タルパー事件をはじめ、タルパ界隈でこれまでに起きた事件は⋯すべて、犯人側の歪んだ性欲によるものが動機であったと言えます。タルパ界隈のすべての問題は、タルパ実践者の性認識が根本原因であったと言えます。なぜ、思念体の世界でこのような風潮が蔓延ってしまったのか?それにはある問題も関係してきます。

◇ ◇ ◇

すでにその答えは出してありますが⋯弱者男性の存在です。思念体はその類似性から、どうしても訳ありな人を寄せ付けやすい要素があります。そして、惚気アンチに走る女性タルパーは⋯何がそうさせていると思いますか?これもすでにその答えを出してありますが、貧相な恋愛弱者だからです。現実で男性に相手にされない怨みをタルパ界隈で晴らしたいだけです。訳ありな男性の多そうなタルパ界隈なら、こんな自分でも男を手玉に取れる⋯そう思ってのことでしょう。弱者男性も女なら誰もいい感じなので、良いように扱われ続けます。手口は本当にえぐいもので⋯匿名で男性タルパーを誹謗中傷して、味方を装い接近して懇意になろうとします。そんな感じで自身の性的欲求不満を解消する目的の派閥を作ろうとします。そこに愛はありません⋯ただ、男を支配したいだけ。

◇ ◇ ◇

そうなると、タルパとの恋愛や結婚、セックスが目障りで邪魔になる。そんなものを認めると、タルパ界隈で男が手玉に取れなくなる⋯だから、過激な惚気アンチに走る。もっともらしい意見は自己正当化の言い訳に過ぎない。タルパ界隈は思春期の若者でいっぱいです。多くは理想的な容姿した異性です。本当はタルパと恋愛、性的交流をしたいのが本音だと思います。露骨なものはどうかと思いますが⋯ある程度、性に関してオープンに語り合い、性の悩みを解消できる雰囲気作りは必要に感じます。別に恥ずかしいことでも悪いことでもありません。性欲は人間なら誰しも持っている本能で、異性の体に憧れや興味を持つのは正常な心理です。それを不自然な形のものにして、タルパ界隈を歪な世界に変えた連中が惚気アンチです。そんな連中に何を遠慮する必要がある?

◇ ◇ ◇

不思議なことに⋯惚気ていたタルパーが潰されて行く一方で、惚気アンチの女性を支持する声が一定数ある。弱者女性の一部でこれに共感している者がいるようだ。自分の声を代弁してくれる心強い存在⋯そう感じているのだろう。卑屈な者同士による負のスパイラルだ。よく聞いて欲しい⋯人間は2~3年で変わる。変えられる。容姿や風貌までもだ⋯そんなつまらん人間に関わる時間を、自分磨きのために使おうとは思わないか?恋愛感情よりも優れた美容効果が発揮できるものは他にない。その相手が例えタルパであろうとも⋯人は恋をすることで変われる。気づいたら恋愛強者になっているだろう。性的に魅力的な人間に生まれ変わり、もしかすると、現実で良縁に恵まれるようになるかもしれない。そうなると⋯タルパはどうなるのか?これは考察でじっくり説明して行こう。